Total Pageviews

11/17/2017

「カルタ仕立ての単語ゲーム」を考える

ターゲットの単語の意味を絵などでノンバーバルに表したものを表、スペリングを記したものを裏にしたカードを用意する。4〜5人でグループになり、その真中にそのカードをバラバラに置く。教師が、そのカードのどれかの単語を読み上げ、それを聞いた学習者は読まれたカードをすばやくカルタ的に取り、その獲得数を競う。


比較的よくある活動だが、この活動について少し掘り下げて考察してみたい。

ノンバーバルな表面をつかってこのゲームをするのは問題ない。その単語の音声を聞いて、その音声が表す意味を瞬時に理解し、ノンバーバルイメージを選ぶ、という作業である。音声を意味と結びつける訓練になる。

ではバーバル、つまりスペリング面を上にしてやるとどうなるだろうか。学習者は車座になっているわけだから、当然、カードはバラバラな向きに置かれる。したがって個々の学習者から見ると、カードの文字は様々な方向を向いている。右向き、左向き、斜め、引っくり返し、等々。

つまり学習者は通常と異なる向きの単語を「読む」ことになるのである。しかし本当に「読む」ことができるのだろうか。もちろんできない。一文字一文字を認識して読むのではなく、大まかな文字の形とか、単語全体としてのスペリングのシルエットなどを瞬間的に頭の中で方向転換して認識して、そのカードに手をのばす競争をするのだ。

カルタだから表面的には楽しい。一文字一文字をきちんと認識してそれを瞬時に音声化し、語彙認識できる母語話者であれば、問題はない。しかし問題は、文字認識もまだすばやくできないし、文字をひとつひとつ認識してそれを音声化するという過程が自動化していないどころか、文字をひとつひとつ認識して音声化するという行為自体をしないことの多い、日本人英語学習者の初心者がそれをやって、どういう意味があるのか、ということだ。

考えなしのフラッシュカードの flash行為によって、英語を学習しはじめて何年たっても、大学生になっても、英単語の文字を読むということができない、というか、単語は全体として「〜」という発音なのであるから、辞書を引いたり、先生に教えてもらわないと、知らない単語は自力では読めないと誤解している学習者が作り出されている。

そういう「文字を音声化する能力を育てない」フラッシュカード使用と、まったく同じ発想でなされているのが、この「単語スペリングカルタ」なのではないか、と思う。

皮相的な「楽しさ」を求めるのはほどほどとし、学習者が自力で単語を「読める」ようになるための地道な方策を探し求めることが肝要であろう。

11/16/2017

あさましきもの ズルズルハラスメント

教員控室にて

昼休みでもなきを

背後より

ズルズル〜ズルズル〜

とスラーピング・ノイズのきたる

すわ何事かとおどろきてふりかへれば

醜き中年男の

一心不乱にカップラーメンをすすりたる

いとあさましき

スラーピング・ハラスメントなり

しかも足元をみやらば

あろうことか靴をぬぎ、

椅子にあぐらをかきたる

はなはだきもちあし

ここはお前のうちの居間ならず

恥を知るべし


11/12/2017

人を見て法を説け

Moron . . .


欠席の理由としての「寝坊しました」考

以前から気になっていたことひとつ。。

授業に遅刻・欠席するときにメールしてくるのは良いことなのですが、その理由に

「寝坊したので。。」

と書くのはいかがなものか、と。その人を今後も教えようというこちらのモチベーションがガクッと下がります。

授業があるとわかっていて、夜更かしをするなんて、授業のことをあまり重要視していないのかな、と思ってしまうからです。

だいたい「ねぼー」というのは、幼児語っぽいでしょ。いい大人が書く言葉ではありません。

まず表現ですが、

「朝、寝過ごしてしまいました」

にしてはどうでしょうか。 で、嘘でも

「前の晩、遅くまで課題をやっていて」

とでも理由をつければ、だいぶ印象も違います。

まさか前の晩飲みすぎて、とかじゃないと信じたいところです。

あるいは、嘘も方便で、いっそのこと「体調が悪くて」としてしまうのも、大人の方略としてはアリか、と。

どうするかは任せますが、「寝坊」と書くのだけはやめて欲しいです。

11/10/2017

11月16日ワークショップ 【フィンランドの教育の成功から学ぶ】

どなたでも参加できます。ぜひお運びください。


子どもたちからヒゲとボーズにお礼をいただきました!

先日お邪魔してドレミを歌う練習をしてきた守口市さつき学園小学校の子どもたちが、ヒゲ先生こと私とボーズ先生こと淡路先生あてに、きれいな色厚紙をつかった心のこもった手書きのお礼カードを送ってくれました。みんなありがとうね~! ますます上手になってください。




11/09/2017

Lはグ〜っと。

また実施している Top of the World を題材とした、音声ファイル提出に対するフィードバックのメールの一部:

expLanation がダメなひとが目立ちます。 
Lも日本語のラ行も、舌先が歯茎につきます。しかし、Lは「側音」といって、舌先の横が開いていないとLになりません。そのためには、何度も言っていますが、Lにおける舌先の歯茎へのコンタクトは、ラ行音の何倍も「時間が長い」ものです。 
「ぐ〜ッとつけろ!」と何度も言っているのはそういう意味もあります。
チョロっとつけるのではなく、長く、ぐ〜ッとつけないと、Lになりません。L自体の時間を長く。 
LLLLooking
expLLLLLanaition
LLLLove