Total Pageviews

8/25/2019

英語の歌を歌わせることの害はある?

LETのセミナーでグルグルと歌の指導法について話したあと、ある小学校の先生から質問を受けて気になっていたことがあるので書いておく。

なんでもその方は英語の歌を取り入れている(取り入れたい?)のだが、何かのセミナー?で指導的な立場にある人(詳細不明)に、「歌は弊害があるからやめたほういい」と言われたのですが、本当にそうなんでしょうか?という質問だった。

「弊害ってどういう?」

「歌だと、歌詞が1音節の単語なのに、2つ以上の音符を当てて伸ばすことがあり、そういう練習をすると不自然な癖がつくから、って言われたんです。」

は?なんでそういうくだらないことを言うかな。たしかに主にバラードでそういうケースがないことはが、それはごく例外的だし、それがあったとしても、そんなものが普通のスピーキングに転移するわけがないだろうが。

カラオケで日本語の歌を、ビブラートかけたりしゃくりとかこぶしで音程を上下させていると、日常会話でもそういう癖が出ますか?

そういうことはありませんから安心して歌を使ってください、とお答えしたら「私もそう思ったんですが。ありがとうございました。」ということでした。

グランフロント大阪・北館 B1F 世界のビール博物館。
昨夜の関大ゼミ同窓会の会場。

今朝の中之島公園のバラ園。中央公会堂が見えます。

8/23/2019

平和が一番

去年とウッテカワッて今年の大阪は平和だ。。。

朝は中之島公園まで走り


午前中はホテルにこもって『○○の教科書』シリーズ第2弾の執筆。昼に関大前について鉄板の大学亭。おばちゃんまだまだ going strong. ずっとやっていて欲しい。




講義には何年かぶりのOGが来て、シンコペーションについて焼き鳥メソッドで説明してくれた。これで3日目が終了。

その後は、懐かしの「大学院生に殴られた後に土下座させた事件」が発生した現場であるボルカノあらためマルベラでマスターに挨拶し

古巣の茨木まで足を伸ばしてグレープスで、そよ風の誘惑に身を任せた。



8/22/2019

「靜さんだからできる」

先般のKATEでのプレゼンに関してJASELEで言われたことで、嬉しいような、嬉しくないような、と思ったこと。

「あのビデオ見て改めて思いましたけど、やっぱり靜さんだからできる、ってのはありますね」

こう言ったのは数十年来の知人/仲間です。

まあね、一般化できようができまいが、汎用性があろうがなかろうだどうでもいいから、俺は自分がいいと思ったことをやるのだ、という意味をこめて「靜流英語授業道」を名乗ったわけなので、他の人が「自分にはできない」と思ってもそれは織り込み済みです。

そして多くの人が「自分にはできない」と思うようなことが私はできているということは、個人としては嬉しいことです。それは他の人にはできないことを成しているということであって、世の中に対して余人をもって代えがたい唯一無二の貢献をしていることになるからです。

しかし「靜さんだからできる/靜さんにしかできない」というのは当たっていません。私のような心・技・体があればできるからです。現に私が過去20年にわたって関西大学、埼玉大学、そして大東文化大学で心・技・体を注入した学生たちは、数多く、現場で奮闘し、それぞれのやりかたで自分の生徒を幸せにするために闘っているはずです。

8/21/2019

グルグルって「圧迫面接」?!

先日のJASELE期間中に言われた、どちらかというと嬉しかったこと。

グルグル=圧迫面接 説。

その先生が私のグルグルをジャパンライムのビデオで見て思ったのが、「なんだ、これって圧迫面接じゃん」だったそうな。

たしかにね。うまいこと言うな。その被圧迫状態のなかで出てくるパフォーマンスが実力なので、プレッシャーをかけることでその生徒の「真の」実力をあぶり出しているのである。そういうつもりでやってます、たしかに。

そして圧迫を受けた状態でも満足なパフォーマンスができるようにトレーニングを積むのが大切なのである。

ジャパンレールパスは乗りません

最近、新宿駅とか新幹線でも、お手製の英語アナウンスが増えている。お手製のというのは、明らかに普通に日本で英語教育を受けた人が、自分で頑張って英語でアナウンスしている、という意味である。微笑ましいような、もうすこしなんとかしてほしいような気持ちになることも多い。

さきほどから何度となくこののぞみ社内でアナウンスされるのが、

Japan Rail Pass cannot take this train.

パスは人間じゃないから列車に乗らないわな。

また、たぶん同じ意味で言っているのだろう。

Japan Rail Pass is not available on this train.

そりゃ販売もしてないだろう。

どうしたらいいですかね。

You cannot take this train with a Japan Rail Pass. とか
A Japan Rail Pass is not valid for this train. かな。

こういうのは社内チェックとか社内の協力体勢とかはないのかな。

8/19/2019

グルグルは「悪即斬」などではない

先般のシンポジウムで、私に対して「靜先生のような『悪即斬』. . .」に類した表現を使った質問があった。私は「悪即斬」という熟語は初耳だったでの少し戸惑ったのだが、「悪は即、斬る」という説明をうけてとりあえず納得して、その場で聞かれたことに答えたはずである。

が、今になってみると、グルグルにせよコーラス音読にせよ、生徒の発音不備に気づいたらすぐに指摘しなければ効果がない、という私の提言を、「悪即斬」という(あとから検索してみると映画の主人公のセリフだというが)表現でとらえるのは、なにか違うと思うので、書いておく。

道徳的な「悪」人は直ちに「斬って」殺すべきだ、というニュアンスと、誤った/不十分な/不明瞭な発音・文法表現・語彙は、直ちに指摘し、向上のためのアドバイスをすべきだ、というニュアンスはまったく違う。

それではダメだというフィードバックを negative feedback、その調子でやれよというフィードバックを positive feedbackということがあるが、positive と negativeという反対語を用いるのはミスリーディングだと思う。どちらのフィードバックも、学習者のパフォーマンスをもっていきたい方向、近づけたい方向は一緒であり、同じベクトルを向いているからだ。

私は目の前の学習者のパフォーマンスを良くするために、悪い点を指摘し、こうあるべきだというモデルを示す。そのフィードバックで改善した学習者は、よりよい英語ユーザーになってゆく。悪即斬で、悪人を斬り殺せば、その悪人は死に、世の中からいなくなる。そのふたつは全然ちがう。

そういう捉え方をしていること自体がダメなような気がしてきた。

8/17/2019

Wh疑問文についての発表終えました。

昨日とは打って変わってカンカン照りの弘前。



夜は青森・秋田ゆかりの大東卒業生たちと、青森と秋田の酒を利き酒。


大学院生3人+ 新婚ホヤホヤの若手教員一人。